パピヨンのハック&ココ、パパっち、ジュゴン&かおりんと暮らすMAMAの日々の出来事、独り言・・・etcです


by huckcoco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

どうぞ安らかに!

今朝は明け方に激しい頭痛で目覚めました。
薬を飲まないと寝ることすら続行できない状態で・・・
鎮痛剤を飲みココと一緒にソファーにゴロリ・・・ウトウトしながら7時を過ぎたので起きることにしました。

いつも通りまずは洗濯機を回し、雨戸を開けて、今日は休みなのでPCの電源を入れてメールチェック・・・そこから時間が止まってしまったかのような1日でした。
大好きな萌ちゃんが、キュートで可愛い萌ちゃんが、ココっちゅと一緒にいつもおねだり最前列にいた萌ちゃんが・・・。
驚き、悲しみ、そして怒り・・・PCの前でしばし号泣!
声をあげて泣く私をココっちゅがびっくりして見ていました。

かおりんも大好きだった萌ちゃん、かおりんの部屋に話に行くとまたまた涙、涙になってしまい、疲れて寝ていたパパがあわてて起き出しました。
ジュゴンも自分の部屋から飛び出して来ました。
家中が悲しみに覆われた1日の始まりとなりました。

萌ちゃんの野辺送りの時間にハック&ココとお散歩に出てお空を見上げて、萌ちゃんが無事に虹の橋を渡り天国にたどり着けますようにと祈りを捧げました。

牧さん、夏くん、ご家族のみなさん、そして誰よりも自分の命を絶たれてしまった萌ちゃん自身が驚きと悲しみでいっぱいだと思います。
萌ちゃん、あまりに突然のことでお空に上れないかも・・・と言っても過言ではないくらい突然の出来事でした。

最近続発している大型犬との事故・・・事故!?
これは事故!?
加害犬の飼い主の過失じゃない!?
だってノーリードにしなければ、脱走するような環境にしておかなければ、自分のワンコの特性・行動をしっかり把握していれば、自分のワンコを過信しなければ・・・いくらでも防ぐことのできる事故だよね!ねっ!?

何をどう言っても奪われた命、傷つけられた心はもどらない・・・でも言わずにいられない!
この悔しさをどこに、誰にぶつけていいのかわからない!

傷ついた家族とワンコさん達に安らげる日がくるように祈り続けます。
そして本当に他人事ではない数々の出来事・・・もう2度と誰の身にも心にもこんなことが起きないように祈り続けます。

萌ちゃんのご冥福を心から祈ります。
どうぞ安らかに!

一緒に遊んだ時の萌ちゃんです。
b0032962_17253022.jpg



b0032962_17262511.jpg



b0032962_1736041.jpg

萌ちゃんの笑顔、絶対絶対忘れないよ!



事件の状況です。
自分の言葉で書き歪曲して伝わるのはよくないことと思い牧さんには事後承諾していただく形になってしまいますがメールを転載させていただきました。

*********************************

パパママ会の皆様。
おはようございます。

牧です。

突然ですが、萌が昨日のお昼前、
2才4ヶ月17日で息を引き取りました。
あまりにも突然でした。
小さくて、食いしん坊で、皆から可愛がられて。
とてもおしゃまな女の子でした。

いつもの毎日が始まり。
10時に獣医さんのアポイントを取っていたので、散歩がてら六本木まで
行き。
診察台の上で、夏と違って萌は、全然緊張していなくって、度胸が有る
ね。って院長先生と笑い。

その帰り道、マンションの入り口まで後5mと言うところで、
背後の小道から、突然走り出て来たゴールデンレトリバーに襲われまし
た。
夏も萌も、私も。その子が来ていることすら気がつかないうちに。
萌が振り返る前に。

背後から噛まれて、振回されてしまいました。
ゴールデンはノーリードで、飼い主は側におらず、
私が叫んでも、叫んでも、叫んでも。ゴールデンは萌を離してくれませ
んでした。

近所の方がどうにか取り押さえて下さったときには、萌はぐったりと倒
れたままでした。
驚いた顔で抱きかかえた私の方を見ている気がしました。

近所の方の誘導で、近所の獣医さんへ駆け込み。
幸いなことに直ぐに見てもらえましたが、心臓マッサージをしても、人
工呼吸をしても。
萌は息を吹き返しませんでした。

一瞬前まで、当たり前の日常の、いつもと同じ時間が流れていたのに。

萌が死んでしまったのに、普通に時間が流れて行くことが一番ショック
というか。
受け入れられなくって。
今日、一日を最初からやり直せれば。
沢山だっこしてあげたのに。
思いっきり遊んであげたのに。
もっともっといっぱい、萌を愛せたはずなのに。

ごめんねって言う言葉しか、萌に掛けてあげられません。

小さくて、柔らかくて、温かくて。
幸せの固まりのような愛くるしい萌の体が。
だんだん固くなり、冷たくなり。
このまま変化してくのを見ているのはしのびなく。
一番可愛い萌の姿を脳裏に焼き付けておきたいので。
少し早いのですが、本日11時に野辺の送りをすることにしました。

朝、起きると枕の上に、萌の可愛い寝顔が見えたものでした。
数日前から、寒いからお布団にいれて。ってお布団に潜り込んで来てい
ました。
家のそこかしこに、萌の残像が残っていて、でも、萌が居ない現実に戸
惑っています。

どうぞ、今日のお昼前、ちょっとの時間で結構です。
空を見上げ、萌の冥福を祈ってやって下さい。
お姫さまのように気まぐれなのに、寂しがりやな萌が、ちゃんと天国ま
でたどり着けるように。

*********************************

さらに牧さんは気丈にも野辺送りの際、その後の様子をお知らせしてくださいました。
こちらのメールでさらに状況がわかります。

*********************************
パパママ会の皆様。

温かいお言葉の数々。
本当にありがとうございました。

本日、無事、萌の野辺の送りを終えました。
萌の骨は、驚く程、小さくって、細くって。

東京の空は、朝、気持ちの良い晴天で、萌を抱っこしながら空を見上げ
ていました。
でも、野辺の送りの間は、曇っていて。
あの雲に包まれて萌は天国へ行ったんだなぁと思います。

それでも、萌が居ないこの空間が不思議で。
あちらこちらから、小さな顔をちょこんと覗かせるのではないかと思っ
てしまいます。

野辺の送りの最中も、相手の犬は吠えていました。
相手の犬は、かなりストレスが溜まっているようで、ここ数ヶ月、深夜
を問わずヒステリックに吠えまくるので、有名な犬でした。
昨日は、たまたま、業者の出入りで、柵が空いていたとのことでした。

でも、今日、野辺の送りに立ち会ってくれた、近所の犬仲間の方から、
先日も逃亡し、商店街を走り回り、大騒ぎをしたと聞き。
その状態を真摯に受け止め、何らかの対応をしてくれていたら。
業者の出入りが有るのであれば、リードで繋いでくれていたら。
もしもなんて、考えても、何の意味もないと。
萌はもう、戻ってこないと判ってはいるのですが、でも。
心の中に、萌が襲われている光景が焼き付いていて、でも助けられな
かった自分がいて。
ああすれば良かったのかなとか、こうすれば良かったのかな。
と考え続けてしまいます。

でも。
夏のためにも、しっかりしなければと。
現場には夏もいました。もちろん、夏もショックだったでしょうし、
その後、泣いてばかりいる私に、萌のいない家に、不安がいっぱいのよ
うです。
繊細な夏の心を、今は一番に考えてあげないといけないですよね。

立ち直るまでに、しばらくお時間を下さい。
しばらくしたら、元気な顔で、必ず皆様の前に顔を出します。

*********************************

2度とこんな事が起きてほしくない、こんな思いをするワンコオーナーがいない社会になってほしいと思います。
日頃どんなにフレンドリーでも、訓練を受けていても、自分の子を、自分を過信しない・・・ワンコオーナーのマナーとして定着してほしいと思います。
[PR]
by huckcoco | 2006-10-21 17:36 | MAMAのつぶやき